出会い系で浮気相手が見つかった

金沢市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
20代後半のカワイイ系。
とっても健康的なフレッシュ感あふれるキレカワ系セフレです。
一緒にコーヒーを飲んだ後、

金沢市のホテルに行った時、

下の方を触るとまだまだ潤っています。
可愛い顔立ちはそこらのアイドル顔負けの美少女
優しくじっくりと責めてあげると可愛く反応してくれます☆
フェラも焦らし焦らしゆっくりとしてくれます。
密着感が溜まらない。
濃厚なキス&ハグとお互いの体を舐め合いを何度も繰り返しました。

「とにかく必死」 心肺停止の生徒をAEDで救命 石川の高校で教諭ら

 石川県の県立高校で今年5月、ランニング中に倒れて一時心肺停止状態になった男子生徒に対し、教諭らが学校に配備された自動体外式除細動器(AED)を利用して救命した。生徒が一命を取り留めたのは、講習を重ねた教諭らが「適切かつ迅速にAEDや蘇生措置をしたことが大きい」(地元消防)。小中高をはじめ全学校にAEDが配備されるなどハード面の整備が進む中、どうすれば子どもの命を守れるのか、救命に当たった教諭らの証言から探った。

 5月8日午後2時15分ごろ、石川県七尾市の県立七尾東雲(しののめ)高校(生徒数386人)で、体育の授業でランニング中だった3年生の生徒が突然倒れた。校舎周辺のランニングコース(1周約1キロ)を2周するうち、半分を過ぎたころだった。生徒はバレーボール部に所属し、病歴はなかった。

 3クラス合同の約80人で行う授業のため、当時は3人の教諭が生徒を監督していた。「『倒れた』と思った瞬間、他の生徒が私のところに駆け寄ってきた」。生徒が倒れた瞬間を目にした男性教諭(54)が振り返る。呼びかけにも応答はなく、呼吸が止まっていた。心臓マッサージを始めながら、「早くみんなを呼んできてくれ」と周囲の生徒に他の教諭の応援を頼んだ。

 大声で異常を知らせる声に反応したのは、敷地の反対側にいた別の男性教諭(53)だった。グラウンドを突っ切り、倒れた生徒に人工呼吸を行った。養護教諭も体育準備室にあったAEDを持って、駆けつけた。

 53歳の教諭が中心になってAEDを生徒の胸に装着し、機械の音声に従って操作を進めた。「約30年教師をしてきたが、講習以外で実際にAEDを使うのは初めてだった」。AEDを作動させる合間に54歳の教諭が心臓マッサージを実施。「もう少し強くやってください」などと養護教諭の助言を受けながら、救急車が到着するまでの約15分間、蘇生措置を続けた。生徒はその後、ドクターヘリで金沢大付属病院(金沢市)に搬送され、徐々に回復した。

 同高では十数年前から教員向けにAEDを含めた救急講習を年1回行っている。「何をしたかも覚えてないくらい、とにかく必死だった」(54歳の教諭)と振り返るほど緊迫した場面でも、何度も繰り返した手順が自然に再現された。

 地元の七尾鹿島消防本部によると、救急車が到着した時点で生徒は呼吸を回復し、心臓も動いていた。同消防本部は「AEDの使用も心肺蘇生も適切に行った結果だと思う」と語った。

 生徒は6月17日に約40日ぶりに登校。同級生と一緒に掃除している姿に「『良かったなあ』って。感動した」と53歳の教諭は言う。

 19日、校内では救急法講習会が行われ、運動部所属の生徒を中心に約30人が参加した。日本赤十字社県支部の講師はAEDの操作法を伝えただけでなく「救助の協力者を積極的につかまえてほしい」と呼びかけた。サッカー部の坂井拓馬さん(2年)は「倒れた人がいた場合は誰であっても対応できるようにしたい」と話した。

  ◇

 文部科学省が2015年度に行った調査では、全国の学校(小中高、特別支援学校など)のうちAEDを設置(予定も含む)しているのは93.9%。17年3月に閣議決定された「第2次学校安全の推進に関する計画」で「AEDの複数配置、教職員の使用訓練を行うことが必要」と明記し、教育現場に配慮を促している。【岩壁峻】