人妻セフレは、笑顔絶えない可愛らしくも美しい顔立ちと無邪気で素直な性格

金沢市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
30代後半のカワイイ系。
内面的にも非常に魅力的で、愛嬌のある心優しい性格と笑顔を絶やさない所は好印象を与えてくれます。
アダルトSHOPでマイクロビキニを買った後、

バストからウエスト・・・ウエストからヒップラインへとソフトに手で愛撫しました。
体制をいれかえ69になりました。
まさに完璧。綺麗な肌と形も柔らかさも今だかつて味わったことのないような気持ちにさせる究極のバストでした。
立った息子をつかまれ、騎乗位で果てました。
クンニや指入れも感度よく、中はぐちょぐちょになってイっていました。
相性が良いと感じた。

加賀屋、初の休館日 グループ5施設、4月から

 加賀屋グループ(七尾市)は4月、経営する七尾、金沢両市の5宿泊施設で初めて休館日を設ける。これまでの年中無休を見直し、施設ごとに年12日間を想定する。年次有給休暇5日間の取得義務化など働き方改革関連法が4月に施行されるのに合わせ、従業員の労働環境を改善する取り組みを、人材の確保につなげる。各施設は休館日が重複しないよう調整し、業績面へのマイナス影響を最小限に抑える。

 休館日を設けるのは七尾市の加賀屋、松乃碧(まつのみどり)、あえの風、虹と海、金沢市の金沢茶屋の5施設となる。休みの日程は、それぞれの予約状況などを考慮して決める。

 営業日数が減れば、それに伴う売り上げの減少が懸念されるが、休館日の施設に宿泊の希望があった場合は、営業している他の施設を紹介するなどして対応する。

 同グループはこれまで、能登半島地震直後などを除き、基本的に年中無休で営業してきた。休館日を設定する背景には、社員の働き方改革を進めるとともに、老朽化した施設の維持、修繕に時間を充てる狙いもある。宿泊客がいない日に、音の出る工事を進められる利点もあるという。

 労働時間の短縮に向け、同グループはこれまでも社員1人が多くの業務をこなす「多能工化」を進めてきた。4月以降はさらに取り組みを前進させ、休日が増えて労働時間が短くなる中でも、従来のサービスの質を落とさないよう努める。

 広報担当者は「業種を問わずに人材の採用競争が過熱する中、働いてみたいと思える環境を整備し、良い人材の確保につなげたい」と話した。