ラブラブハメ撮りエッチ!

金沢市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
40代後半の綺麗系。
美しすぎるほどの美貌、素晴らし過ぎるスタイルに自然と笑顔がでちゃいます。
ATMに行った後、

金沢市の綺麗なラブホに行った時、

必殺の巨乳を使ったおっぱい&創造性溢れるフェラでした。
思わず抱きしめたくなるその瞳にやられてしまいそうです♪
恥じらいの仕草を醸し出しつつも、エッチな好奇心にはらんらんと目を輝かせています。
ホント汗だくになりながら腰を振って発射!!
濃厚なキス&ハグとお互いの体を舐め合いを何度も繰り返しました。
かわいらしい秘部で、毛も手入れしていて薄いです。

ツエーゲン金沢6戦ぶり白星 J2、7位に浮上

 明治安田生命J2第19節(22日)ツエーゲン金沢は金沢市の県陸上競技場でアルビレックス新潟と対戦した。金沢は20歳・小松蓮、21歳・垣田裕暉のツートップが躍動、1-1で迎えた後半29分に垣田のヘディングシュートが決まり、6試合ぶりの白星を手にした。前節9位から暫定7位に浮上した。

 先制ゴールは後半5分だった。コーナーキックからのボールがゴール前にこぼれたところ、小松が左足で冷静に押し込んだ。

 小松はU-22日本代表の一員として出場したトゥーロン国際大会(フランス)の遠征に参加し、これが約1カ月ぶりのリーグ戦出場となった。トゥーロンで日本は過去最高の準優勝で終えたものの、自身は出場機会に恵まれなかっただけに、悔しさを晴らすゴールとなった。

 14分後に同点弾を許したが、垣田が得意のヘディングで決勝ゴール。右サイドの藤村慶太のクロスにピタリと合わせてネットを揺らし、5戦連続ドローの予感も漂ったスタンドに歓喜をもたらした。その後はGK白井裕人が好セーブを見せ、リードを守り切った。

 小松は「代表でも思うようにいかなくて、何とか点を決めようと思っていた」と笑顔を見せ、柳下正明監督は「久しぶりに勝ち点3をサポーターにプレゼントできた」と安どの表情だった。