めっちゃ可愛い人妻に中出し初体験!

金沢市に住んでいる僕の人妻セフレは、
20代前半のカワイイ系。
結構なMっ子ちゃんでクリちゃんを音をたてながらぺろぺろされるとすぐ絶頂に達してしまいます。
アダルトSHOPでエッチなビキニを買った後、

金沢市のよく行くラブホに行った時、

お口でフェラをやってもらい我慢できなくなったのでベッドへ移動。
人妻セフレはとても小柄で華奢な体をしてます。
人妻セフレは、美貌と体全体からはフェロモンが溢れでています。
ほどなく果てました。
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)
セフレは足で僕の体に絡んできて、密着させます。

「花嫁のれんバス」お披露目

 西日本ジェイアールバス(大阪市)は26日、JR七尾線で人気の観光列車「花嫁のれん」の続編となる特別仕様の貸し切りバスを金沢市内で披露した。内外装に「石川の四季」を表現した加賀友禅柄や金箔(きんぱく)をイメージした華やかな車体が関係者の目を引いた。JR西日本グループは、利用が好調な北陸新幹線など鉄道に加え、特別感のある石川発の「バスの旅」を提案する。

 貸し切りバス「花嫁のれん 第二章」は28人乗りで、グレードの高い大型車両をベースにしている。団体、個人の予約に応じて4月から運行を開始する。

 外装は加賀友禅作家の毎田健治さん(金沢市)が四季の花を描き下ろしたデザインを採用した。実際ののれんをくぐって座席に着く趣向で、内装には加賀友禅風カーテンや金箔をイメージしたドアを配置した。車両ナンバーは七尾にちなんで「770(ななお)」とした。

 観光列車の花嫁のれんは2015年10月に運行が始まった。車内では地酒や軽食を楽しめ、今も乗車率が9割の高水準を維持している。

 金沢営業所で行われた披露式では、西日本ジェイアールバスの野中雅志社長が観光列車の完成当時からバス版の要望があったと紹介し「実現に時間がかかったが、今後は観光列車、北陸新幹線と一体となり、さらに石川を盛り上げたい」とあいさつした。

 毎田さん、松本英二北陸信越運輸局石川運輸支局長、山本陽一石川県観光戦略推進部長、小田●彦県観光連盟理事長が順に祝辞を述べた。旅行関係者らを対象にした試乗会も開かれた。

 ●は禎のへんがころもへん