しいのき迎賓館 性に対して少し照れ屋なところがあるんです

金沢市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
40代後半の綺麗系。
まだあどけなさの残る笑顔がとても可愛い純粋無垢な美少女です♪
アダルトSHOPでバイブを買った後、

金沢市のホテルに入った時、

小さい声ですが、セフレのあえぎ声が聞こえてきます。
キュッと引きしまった桃尻がとってもキュートでした。
性的本能を刺激して止まない悩ましげなセクシースレンダーボディー。
最後は騎上位でフィニッシュ。
相性が良いと感じた。
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!

国際ガラス展が開幕

 「国際ガラス展・金沢2019」(北國新聞社後援)は30日、金沢市のしいのき迎賓館で開幕し、39の国と地域から寄せられた入賞・入選作57点が並んだ。金沢卯辰山工芸工房で学び、最高賞の大賞に選ばれた津守秀憲さん(富山市)の「胎動’19―3」をはじめとする力作が、来場者にガラス工芸の奥深さと新たな可能性を伝えた。

 「胎動’19―3」は高さ50センチ、横72センチ、奥行き32センチの大作で、ガラス素材に粘土を混ぜて焼き上げる、ガラスの世界では珍しい手法が用いられた。津守さんは作品を前に「熱を加えて崩れる一瞬を狙った。タイミングを逃すと全く違ったものになるので苦労した」と説明した。

 開幕式では大場吉美開催委員長らがあいさつし、テープカットが行われた。会場には金箔(きんぱく)や金属ワイヤなどさまざまな素材とガラスを融合させた作品が並び、大場氏は「透明、シンプルといったガラスのイメージを覆す作品が寄せられた。ガラス造形の可能性を北陸から全国にアピールしたい」と話した。

 国際ガラス展は1984(昭和59)年に始まった国際公募展で、近年は3年に1回開催されている。入場料は無料。11月11日まで。12月7日~来年2月16日には七尾市の石川県能登島ガラス美術館で巡回展が開かれる。